qrcode.png
http://shimono-k.jp/
モバイルサイトにアクセス!
有限会社シモノ工務店
〒424-0013
静岡県静岡市清水区下野緑町13-23
TEL.054-365-1729
FAX.054-365-1729
144075
 

静岡市葵区 家族の気配を感じる家

 
 
配色の配慮
 
ベランダと北面一部にブラックのガルバ鋼板を使いました。
 
これが南面だったら絶対勧めません。
 
「家が暑くなる」からです。北面だからOKなんです。 
 
 
 
 
 
 
 
身延線の枕木(栗)
 
身延線で使っていた栗の木の枕木。
 
とても密に詰まっている木。
 
丈夫なガルバ鋼板の外壁
 
外壁はガルバ鋼板。
 
材料1枚の長さがサイディングよりずっと長くとれるので、外壁の継ぎ目が少ない。
 
だから外壁本体より劣化しやすいコーキングを使う量がサイディングに比べ圧倒的に少ない。
 
塗幕が非常に耐久性があるのでこれもガルバ鋼板に軍配が上がる。
 
結果的にサイディングよりランニングコストが安いというメリットがあります。
 
     古さの中に小奇麗さを・・・
 
何十年も線路で使われてたときについたボコボコした砕石の痕。
 
列車の重量と力強さが伝わってくるのがカッコいい。
 
 
面取りして、研磨することで、古さの中に小奇麗さをだしてみました。
   
特注の木製玄関上吊引き戸

上吊なので、砂が詰まるような敷居レールがありません。

静岡産の杉の赤身だけを製材した板を貼って玄関引き戸を作りました。
 
 
 
 
 
 
宙に浮く自転車
 
  家族が多いので、当然自転車も多い。
 
  でも場所が無い。
 
  ということで、自転車ハンガーを付けて、普段頻繁に使わない自転車を引っ掛けて未利用空間利用。
 
すっきりと白で
 
 
 
 
 
 
 
白を基調としたすっきりした玄関。
 
奥に見えるのは、上着や帽子を掛けておく収納。
 
雨の日は
 
 
 
天井にポン付けの物干しバー。
 
要らないときは、簡単に外しておける。
   
優れものの雨戸!
エコ雨戸という特殊雨戸。

雨戸自体がブラインドのように可動し、閉め切った状態で、採光、通風を確保できる。

窓全開の状態とほぼ変わらない程の通風を確保できる。

鍵を締めておけば防犯になるので、防犯と通風の両方を確保できる。

夏の夜はとても涼しく寝られるようです。 
   
 スタディーコーナー
この家「勉強できる子供部屋」はありません。

勉強は全てここで家族と向き合いながらします。

全ての勉強道具やパソコンをここに集約する為、収納は限界に近いほど、ありとあらゆる場所に計画しました。 
 
 
風や光を完全に遮らないように造り付け棚の背面にスノコ状に檜の板を貼りました。 
 
衣類ケースを収納しておく為の大容量収納。 
   
家事をしながら様子がわかる
スタディコーナーの向こうはキッチン。

家事をしながら、家族とコミュニケーションをとれる配置計画にしました。

壁厚を利用して、棚板可動式の本棚を造り付け。

 
キッチンに立った位置からの眺め

↓ 
 
家事をしながら様子がわかる
家族が横並びで座れる本タモ無垢集成板のカウンター机。

堀炬燵のように足元が深くなっています。

背面には造り付けの棚が床から天井付近まで、
さらに上部天井付近には吊戸棚を造り付け。

そのうえ、床下すべてが収納空間になっているので、無駄な空間がほとんど無い、限界に近いところまで収納を計画しました。 
 
 
配布物をペタペタ掲示
 
食卓の背面壁には、床から天井までホーローパネルを貼りました。
 
磁石でペタペタ貼り付けられる。
 
タカラの高品位ホーローなので、油性マジックで落書きしても簡単に落とせる。
 
だからホワイトボードにもなります。
 
 
 
 
 
 
階段室とリビングの間に小窓がポコポコ。
 
無垢の構造材で造ったリビングボード。

壁に留めてあるので脚が無い。だからホコリが貯まりやすい下も掃除が比較的簡単。 
   
子供の寝室
将来の子供の寝室。(勉強はあくまでスタディーコーナーなので)

山小屋っぽい登り天井と無垢の登り梁。 
<<有限会社シモノ工務店>> 〒424-0013 静岡県静岡市清水区下野緑町13-23 TEL:054-365-1729 FAX:054-365-1729