qrcode.png
http://shimono-k.jp/
モバイルサイトにアクセス!
有限会社シモノ工務店
〒424-0013
静岡県静岡市清水区下野緑町13-23
TEL.054-365-1729
FAX.054-365-1729
042454
 

静岡市駿河区丸子ガレージ付き3階建て住宅

 

静岡市駿河区丸子 ガレージ付き3階建て住宅 (100年基礎+制震)

静岡市駿河区丸子 ガレージ付き3階建て住宅 (100年基礎+制震)
 
耐震+制震+100年基礎
   
・・・・100年基礎・・・・・
この家の基礎はZAM鋼板という高耐食鋼板が型枠兼仕上げとなる基礎です。

清水区の某大手鋼材メーカーと清水区の橋梁工事の会社で共同開発したもの。

商品名「100年基礎」

どっかのハウスメーカーの名前と酷似している気がしますが・・・。 住宅基礎としては新しいモノですが、既に公共事業の橋梁工事として実績があり、技術自体はそれほど新しくはないんです。 
   
錆びない鋼板

信号機や案内表示板の柱に使われる「溶融亜鉛メッキ」の耐用年数が約60年。

この基礎の枠に使われている「ZAM鋼板」はその5~8倍の耐食性がある。
生きてる間は心配なさそうだ。

物理的強靭さ

浮き枠で組上げ立ち上がりまで一発打設でコンクリートを打つ為、打ち継ぎがなく、まさに一体となった安定した強度が確保できます。

また計算上無視している鋼板の枠による剛性の効果も確実に期待できる。

化学的強靭さ

コンクリート自体が酸性雨にさらされない為、コンクリートのアルカリ性が保てる。

だから内部の鉄筋が錆ない(酸化しない)。 100年基礎詳細はこちら(PDFファイル) 
   
ラップサイディング
ガレージオーバースライダー
よろい壁のように1枚づつ積み上げていく特殊なサイディングです。

通常のサイディングは1枚45cm×3mですが、ラップサイディングはその1/3の1 5cm×3m。

つまり3倍手間はかかりますが、立体的で陰影感あります。

また、横貼りサイディングの欠点である縦目地コーキングが無い為とてもきれいに仕上がり、メンテの面でも有利です。 
 
既製品をコラボさせたオーダー洗面台?
 
 
 
 
 
この洗面台、ひとつの製品のごとくまとまっていますが、実は、

3面鏡-----------(サンワカンパニー)、
洗面ボウル、水栓---(TOTO)
カウンター---------(アイカ)
キャビネット--------(IKEA)

と全てが別々のメーカーの製品。

メーカーの既製品を「良いとこ取り」して造ったオリジナル洗面台なんです。 
 
ロフト
 
 
 
 
 
 
 
 
登り天井の高さを利用して造ったロフト。

登り天井は暑くなりがち。

だから天井内部をアルミ箔で遮熱し、断熱材には最強の断熱材「ネオマフォーム」60㎜を空気層を挟んで施工しました。 
 
 
ホール書斎
階段手摺を利用し本棚を製作。
筋交に使う米松構造材を棚板に使ってしまったので分厚く重厚感がある。 
 
   
 
 
ロープで遊ぶ
 
3階階段ホール天井から吊り下げたロープ。
 
子供が登って遊べるようにと計画。
 
でも個人的にはもしかしたら怖がって遊ばないんじゃないか思うほど工事中は恐怖感を感じ心配していました。
 
ところが予想に反して、思いっきりこれで遊んでいるようです。
 
たくましい~。
 
こんなので遊んでいれば知らず知らず腕力がつきそう。
 
吊り金具はステンレス製。
市販品でありそうなんですが、無かったので、鍛冶屋さんに特注で作ってもらいました。
 
 
スノコ床
 
空気が循環しやすいようにとスノコの床を計画。
 
光もスリット状に漏れる。
 
こんな感じで「住む」だけでなく家を「楽しめる」のも家造りで重要だと思う。
 

イメージ

イメージ
 
 

イメージ2

イメージ2
 
 
床板は無塗装の本タモに浸透性のステインで着色し、蜜蝋ワックスで仕上げました。

木の呼吸を生かす使い方です。

床全体で調湿機能がはたらくので、塗装仕上げの床に比べ湿っけにくく乾燥しにくい。

歩き心地もさらっとしていて、木の微妙な凹凸感も直接感じるので足の裏に気持ちが良い。 
 
本タモ無垢床板 
   
   
中庭みたいなバルコニー
バルコニーの手摺高さを1.8mと壁のように高く計画。

街場の住宅では窓を空けると外から丸見えということが多い。

でもこの壁のような手摺のおかげでカーテンを空けていても外から中が見えない。

カーテンを空けておけるので部屋が開放的でより広く感じる。

バルコニーの奥行きもあり、特に暗くなることもない。

ぱっと見中庭のようにも見えるリビングの一部のようなバルコニーです。 
   
キッチン
IKEAのキッチンを御施主様に直接購入頂き、シモノ工務店で組み立てたキッチンです。

国産のキッチンには無い「金具30年保障」や組み合わせの自由度も圧倒的。 それまで国産メーカー以外は興味が無かったけど、売れているものにはそれなりの理由があった。

細かい気遣いが行き届いた国産メーカーのキッチンも良いけど「外国製キッチンはダメ」と決めつけられないことを痛感。
 
 

イメージ

イメージ
 
 
   
不思議なブリックタイル
最近のキッチンの壁には普通「キッチンパネル」を貼ります。
ここでは「ブリックタイル」をペタペタ御施主様と一緒に貼りました。


表面はレンガのようなザラザラの素焼きで油がとんでもうまく掃除できない。

汚れっぱなし。

普通そう考えるので当初は反対でしたが、結局挑戦することになりました。


引き渡して1年経ちますがタイルの表面は素焼きのサラサラ感が維持されていました。
もちろんタイルの掃除はしていないというより出来ません。

変なにおいもしません。

ブリックが油を吸着するらしくこのような不思議なことが起きるようです。 
<<有限会社シモノ工務店>> 〒424-0013 静岡県静岡市清水区下野緑町13-23 TEL:054-365-1729 FAX:054-365-1729