qrcode.png
http://shimono-k.jp/
モバイルサイトにアクセス!
有限会社シモノ工務店
〒424-0013
静岡県静岡市清水区下野緑町13-23
TEL.054-365-1729
FAX.054-365-1729
026639
 

基礎のつぼ

   
べた基礎
べた基礎根入れが浅いため上滑りを起こす危険性がある。これを防ぐため外周部の根入れを深くしたりする
 
 
 最近安易にベタ基礎にしておけば大丈夫なんてことを言う業者も増えています。
しかしベタ基礎は重量が重く地盤沈下の危険性が高いので地盤調査をしっかり行った上でないと不同沈下を起こす可能性もあります。
 
 また、コンクリートを防湿シートというビニールシートをひいた地面の上に打っているようなものなので地盤と定着しにくく上滑りを起こす可能性もあります。
 
 そういった性質も認識しながら施工すれば、やはりベタ基礎は接地面積が多い布基礎より有利なのは確かです。 
 
布基礎
布基礎
根入れが深く単位面積当たりの支持力が高い。
べた基礎より軽量。
 布基礎は立ち上がりの下に幅の広いベースを造り支持する基礎です。ベタ基礎より支持面積は少ないのですが根入れ深さが深い分単位面積あたりの支持力がベタ基礎よりも高く、立ち上がり部分もベタ基礎の倍近く、基準通り施工すれば軽量で十分な剛性が得られます。
 
 軽量ではありますがベースの上の埋め土が地震時、台風時の浮き上がりを土のせん断力、重量で抑止するのでとても理にかなった基礎だといえます。
 また根入れが深いので上滑りの心配もありません。そして何よりコストが抑えられます。
 
 超大手コンクリート住宅ハウスメーカーのRハウスでもコンクリート住宅基礎も布基礎でおこなっているほどです。
 布基礎が弱いということはなく適切な設計と施工が重要なのです。 
   
一発基礎
   当社では布基礎ベタ基礎どちらも信頼度の高い住宅金融公庫基準以上の仕様で施工しており、コンクリート構造物の弱点となる打接ぎをなくすよう一発打設による施工をしております。そのため弱点のない強度に優れた基礎を造ることが可能です。  
 
 
通常上の立ち上がり部分(青)はあとでコンクリートを打つ
 
べた基礎1発打設の施工状況
立ち上がりとベーススラブを同時に打っています。
 
 
打ち接ぎ(青部分)をすると継ぎ目部分が弱くなる 
 
一度に打設するため打ち接ぎがない 
<<有限会社シモノ工務店>> 〒424-0013 静岡県静岡市清水区下野緑町13-23 TEL:054-365-1729 FAX:054-365-1729