qrcode.png
http://shimono-k.jp/
モバイルサイトにアクセス!
有限会社シモノ工務店
〒424-0013
静岡県静岡市清水区下野緑町13-23
TEL.054-365-1729
FAX.054-365-1729
026640
 

制震と免震の盲点

 

住宅の制震と免震の盲点

住宅の制震と免震の盲点
 
制震は損傷を前提としたシステム?
 免震住宅が普及しない理由のひとつにコスト面があります。そこで出てきたのが地震の揺れを吸収するという「制震」という工法です。
 
 この方法が免震と決定的に違うのは地震によるエネルギーはまともに受けるということです。通常2階建て住宅では地震の揺れを受けることにより2階の揺れは1階(地面)のゆれより増幅されてしまいます。この増幅を少しでも減らそうという考えが住宅制震である為、1階の揺れは通常の住宅と全くかわりません。
 
 また構造体が変形し始めることではじめて制震システムが働く為、理論上では家が損傷してはじめて効くシステムです。もちろん制震システム設置の住宅の損傷のほうが、何もしていない住宅より圧倒的に少ないはずですが、損傷ゼロにするシステムではないことを認識してください。
 
 現在一般木造住宅においても、様々な制震金物が出ており、当社のような小さな会社でも簡単に行えるようになりました。 
   
安くて高性能 究極の制震システム
 今日、制震はメジャーな工法となり、様々な金物やシステムが数多く出ています。
 その中で最も注目ているのが、アイディールブレーン㈱の「制震テープ」というものです。
 
 数多くある制震システムにおいて、ほぼ共通しているのが、「粘弾性体」と呼ばれるものです。地震の揺れを金物や鉄板を介し粘弾性体に吸収させるのが今までの常識でした。つまり粘弾性体に力を伝える為に、高価な金物やフレームに投資しなければなりませんでした
 
 ところがこの制震テープは、その名の通りテープ(粘弾性体)だけで制震住宅を造ることが出来ます。木造の柱や間柱にこのテープを貼り付け、その上に構造用合板や石膏ボードを貼るだけというものです。
 
地震によって変形するフレーム(柱と梁桁)と変形しにくい面材(石膏ボード、構造用鋼板)の間に入って、その差を小さくするという「無駄な部材が全く無い」経済的で理にかなったものです。
 
 今まで40坪の平均的な住宅で50万円~100万円かかっていた制震システムですが、この「制震テープ」はテープだけですので20万円~30万円で済むうえ、今までの制震システムよりはるかに高い性能が得られます。
住宅の制震と免震の盲点
 
   
やっぱり高い免地震住宅
 免震とは地震の揺れを非常にゆっくりにする装置で 究極の地震対策です。これによるメリットは 地震後の修繕の必要性がほぼゼロになることです。
 現行の基準で住宅を建つ場合はまず倒壊しません。しかしある程度の修繕は必要となってくるでしょう。 阪神淡路大震災で 1軒あたりにかかった住宅の修繕費用は 差はあれど、平均200万円程度でした。免震住宅にした場合この費用はかかりません。
 
 では実際免震にどのくらいの費用がかかるかといいますと 基礎面積20坪程度の木造住宅で、地盤に液状化の恐れがない場合、敷地条件によって変わりますが 免震装置だけでもで250~350万円ほどかかります。またメンテナンス費用として 年間3万円程度見ておくべきです。
 この数字からしてなかなか普及せず、実際去年おこなった木造新築の 免震住宅の施工率は1万分の1=0.01%にも満たない結果でした。
 
 一般木造住宅の免震装置は 事実上はたったの2社(自社開発のハウスメーカーを除く)で行っており、値段もハウスメーカーとほとんど変わらない価格で行えるようになっています。もちろん当社でも施工できますので御要望があれば御相談に応じます。 
 
台風が苦手な免地震住宅
 免震住宅は、100年に一度、1000年に一度の地震に対し、非常に優れた性能を発揮します。
ところが1年に2,3回来る台風に対し、「弱い」というと語弊があるかもしれませんが、快適な空間ではなくなるということが起きます。
 
 それは、地面を中心に上階へ行くほど揺れる「ロッキング」という現象です。家がロッキングチェアーのように地面を中心に揺られます。1階はそれほど気にならないようですが、2階、3階へ行くと、揺れが大きくなり台風の夜は、人によっては寝られないほどの揺れになります。
 
 原因は免震層の鉄骨架台です。一見頑丈そうに見える鉄骨架台も、通常の住宅のコンクリート基礎に比べたらたわみが大きく、家が部分的に沈み込んで、また復元するという、鉄骨の長所でもあるこの粘り強さが、皮肉にもロッキングの原因と見られています。 
<<有限会社シモノ工務店>> 〒424-0013 静岡県静岡市清水区下野緑町13-23 TEL:054-365-1729 FAX:054-365-1729