qrcode.png
http://shimono-k.jp/
モバイルサイトにアクセス!
有限会社シモノ工務店
〒424-0013
静岡県静岡市清水区下野緑町13-23
TEL.054-365-1729
FAX.054-365-1729
026640
 

全滅しない「芯持ち材」

 

全滅を防ぐ 「芯持ち材」 全滅しやすい 「集成材」

全滅を防ぐ 「芯持ち材」 全滅しやすい 「集成材」
 
ヒノキだって辺材(白身)だけじゃあ強くない
右は白身(辺材)だけが腐朽菌によって腐りおちてしまったが、赤身(芯材)が残って丸太のようになったヒノキ柱。

(両脇の新しい木は下地補強) 
   
芯持ち材の強さ ~化学的な耐久性~
芯材(赤身)は鉱物成分が凝縮されて変色しているところ。

一方、辺材(白身)は化学的抵抗力が弱い部分。 
 
                
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
心材はシロアリ、腐朽菌にとって「美味しくない部分」

辺材が食われても芯材は食べ残されることがほとんど。
 
芯持ち材を使うことで、万が一これらの被害を受けても写真のように

「全滅を防ぐ」

ことができる。

これが集成柱だったらと考えると恐ろしい・・・。

昔からの大工の知恵は、長い年月かけて検証がされてる安全な方法が多い。 
 
 
    杉の柱
杉は芯材と辺材の色がはっきりしている。 
 
     ヒノキの柱
ヒノキは芯材と辺材の色はっきりとわかりにくい。 
 
     ハウスメーカーが使う集成材の柱
 
集成材は芯材なんて使っていません。
辺材(白身)のみで作られます。

シロアリ、腐朽菌の被害を受けやすい部分だけで作ったのが「集成材」なんです。 
<<有限会社シモノ工務店>> 〒424-0013 静岡県静岡市清水区下野緑町13-23 TEL:054-365-1729 FAX:054-365-1729